何度も通って値引き幅を広げる

デミオ値引き実例02

こちらでは投稿フォームからご投稿いただいたデミオ引きの体験談を掲載しています。参考にしてみてください。

 

投稿はトップページの投稿フォームで投稿できます。ぜひご投稿ください。

 

投稿者 えびあん様
契約日/納車日 2014年9月/2014年12月
車体値引き額 5万円
オプション値引き額 5万円
その他値引き iPod nanoプレゼント
値引き総額 11万円
下取り ナシ
愛車の売却額 15万円

それまでのマイカーはマーチで6年目、走行距離も5万キロでした。特に損傷もなく走りも普通だったので、車検に通すつもりでしたが、大学受験中の息子が受かるはずないと思っていた公立に合格して学費がかなり浮き、買い替えにガラっと気持ちが変わりました。

 

雑誌で見ていたデミオが一番気になっていたので本命。あとはノートやヴィッツなども視野に入れて、交渉が一番うまくいったところにフィーリングで決めようと思いました。

 

まずはノートを見に行ったのですが、下取り額を聞いてみたところまさかの「ゼロ円」で大ショックを受けました。以前天気が大荒れのときに家の瓦が落ちてルーフを修理したのですが、その板金跡が問題になったようです。値引き自体も9万円で、後から下取りが5万円にアップしましたが話にならないと思い退散しました。

 

とにかく下取りに納得がいかなかったのでネット査定をしてみたところ15万円の値が。実際に車を見たら変わるのかな、と思って出張査定を頼んでみたところ変わらず15万円だったので、相場は15万円なんだとわかって一安心しました。

 

次にフィット、ヴィッツとみてみましたがいずれも値引きは10万円程度でした。私の交渉テクニックがよくないのかもしれませんが、思ったよりどこも渋くてガッカリしました。ここまでが7月までの話です。

 

8月に入り、マツダに行ってみました。正式発表されていなかったのでカタログがまだ用意されていませんでした。内部資料を見せてもらい見積りをすることに。まだ値引き額が決まっていないということで、納車までの間代車が借りられることを確約してその場は終了しました。これで車検の心配はなくなりました。

 

9月に入って正式発表も済み、改めてマツダに行ってみると、「お待たせしました」という感じで車体5万円引き、オプション2万円引きを提示してもらいました。さらに、契約する!というところで「ナビはいるかな?」「やっぱり欲しいね」と同席していた家内に聞く子芝居を打ってみたところ、オプション値引きが5万円になりました。セールスマンが悲壮な顔をしていたので、これ以上オプションを値引きさせることはできませんでした(笑)

 

値引きとしては他の車種より弱いけど、新型車ということを考慮すると遜色ないかな、と思ってデミオに決定しました。あと、予約特典でiPod nanoをもらったので息子にあげました。

 

下取りについては、マツダでも10万円が限度ということで、買取業者に売ることにしました。納車までの代車をゲットしているので、特に問題はありませんでした。

 

↓デミオ値引きの基本はこちら↓

関連ページ

オプション値引きに特化して成功!
車体値引きが渋いので、オプション値引きを重点的に狙った実例をご紹介いただきました。
欲しい車を買う!の信念が値引きを呼び込む
複数の候補を立てて、安くなった車を買う、という人が多い中、こちらは欲しい車(デミオ)にこだわった結果、成功につながった実例をご紹介します。